山口ライフプラス総合情報カテゴリー 山口県の生活をより美しく生きる為に 自分らしく生きるために学ぶ 山口県ライフプラス的Slow Lif のすすめ 山口生活プラス リンク情報 山口県ライフプラスとは? 山口ライフプラス トップページへ
より美しく生活をテーマにした情報カテゴリーです。 美しく生きる為の情報を発信していきます。
山口県の生活をより美しく生きる為に
山口県Life+が提供する美しく生きる・・・をテーマのカテゴリーです。 楽しく健康に・より美しくを実践するための情報を発信していきます。
PR
ビューティカレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<< Oct 2017 >>
月間ビューティ記事
ビューテーカテゴリー
ビューティー新規記事
ビューティー記事検索
ビューティーリンク
体の中から美しさを探求する!
 私たちの生活は、ストレスも多く心・体も癒す暇もないくらいです。しかしこのような生活はすぐお肌やカラダに現れてきます。生活もすこしでも改善していく必要があります。
カラダの内側から美しくする情報をお届けします。


PR
ビタミンQ


 今、話題になっているコエンザイムQ10は、ビタミンQ(脂溶性ビタミン物質)です。
日本では医薬品としてのみ使用が許可されていた成分ですが、平成13年に厚生労働省から食品としての使用が認められました。


 魚では:イワシやサバ、カツオ
 肉では、レバー、
 野菜では、ホウレンソウ

 などに含まれています。

 二十歳才をピークに減少して、特に40〜50代からは急激に減って、様々な体の衰えを引き起こすそうです。細胞の酸化を防いで、体力や脳の活性化役立ちます。
 ビタミンB群と一緒に摂取することで効果が高まります。


| ビタミン | 10:07 PM | comments (x) | trackback (x) |
ビタミンCとコラーゲン

コラーゲンは、美肌にいいといわれています。
コラーゲンは、皮膚をささえる、たんぱく質で皮膚の新陳代謝を促します。
日常の食事で、『コラーゲンを十分に飲み食べる』ことが重要になります。
コラーゲンをどのように摂取するかは動物の骨・軟骨・ 腱・皮・内臓などに多く含まれています。またフカヒレ・ツバメの巣などもよく言われています。
 しかしこれらを上手に摂取する目的で、肉や魚をなどを食べても、コラーゲン摂取は不足していることが多いいようです。

 肉類では、骨つきスペアリブや鶏の手羽先、豚肉、鶏ガラなどに、多くコラーゲンが含まれています。
 骨や皮がついたままの肉や骨を積極的に食べましょう。特に骨つき、皮つきの肉や魚を、じっくりと煮込んだものは、コラーゲンの補給に最適の料理と言えます。
中華スープなどは、鶏がらをじっくり煮込んでいますし、鶏のもみじも使っています、中国人のつやつやした肌はこの影響だと思います。

 またコラーゲンは、熱を加えると溶けやすい性質を持っています。時間をかけて煮込みますと、煮汁にコラーゲンがどんどん溶け出してしまいます。これを冷やしたものを、煮こごりでこれも美肌には最適な料理といえます。
 コラーゲンが豊富な『ひらめ』や『かれい』がコラーゲンが豊富です。


 コラーゲンとビタミンCはベストマッチな関係があり、コラーゲン摂取を補助します。
 コラーゲンは体内で消化、分解されて、アミノ酸になり体内に吸収されます。
このアミノ酸を利用して、からだのコラーゲンが生成されます、最初体内では未熟なコラーゲンが作られ、それを成熟したコラーゲンにする過程でビタミンCは、使われるのです。
ビタミンCが不足すると、この皮膚のコラーゲン合成がうまくいかなくなってしまいます。



| ビタミン | 09:05 PM | comments (x) | trackback (x) |
お肌の若返り!!お肌は健康の鏡
お肌の若返り!!お肌は健康の鏡、体内からの健康



年齢とともに、お肌の衰えは目立ってきます。
皮膚は28日、周期で生まれ変わっります。ところが年齢とともに、代謝が衰えてくるのです、そうすると角質層に古い細胞が残って、肌にこわばりができたり、メラニン色素もなかなか代謝されず、しみとなって残っていくのです。また、コラーゲンやエラスチン、コンドロイチンといったものも、年齢とともに少なくなっていき、弾力や潤いがやはり失われていくのです。

 お肌は健康の鏡、体内からの健康
 私たちの皮膚は身体を、外からうける日光やほこり、細菌などからまもってくれます。そのため、皮膚の新陳代謝が悪くなると身体の健康も損なわれていきます。また、内臓などに病気がある場合は、皮膚にも映し出されるのです。「皮膚は健康の鏡」です。体内とも密接な関係がありますから、肌の美しさを保つには身体の内側からの健康にも留意することが大切になってくるのです。


 お肌にやさしい良いハーブとして、知られれいるのがホーステールです。ホーステールはシリコンを多く含み、お肌に必要なカルシウムの吸収を助けてくれ、皮膚から余分な油分を取り除きます。またお肌の健康に必要なビタミンA・B群・C・Eが不足しないよう気をつけましょう。お肌の乾燥・にきび・を予防するビタミンA、脂性肌になるのを防いでくれるビタミンB2、お肌の老化や日焼けを防止するビタミンE、しみそばかすにはビタミンC、また、お肌の弾力を保つコラーゲンなどいろいろありますが、身体の内側からの健康にも気をつけ、お肌を老化から守りましょう。


ホーステール
皮膚・爪・髪の毛に必要なカルシウムの吸収をたすけ、皮膚の余分な油分を取り除きます。


ビタミンA β-カロチン
 皮膚の新陳代謝を促進します。ビタミンAが不足すると、角層の新陳代謝が損なわれるため、あれ肌やさめ肌になったりします。


ビタミンE
血行を良くすることにより、しみや小じわといったお肌の老化を防ぎます。

ビタミンC
コラーゲンの合成にはたらきにより、お肌に弾力性を保つ効果があります。また、メラニン色素の沈着を抑制する作用もあり、しみ、そばかすの予防になります。


Vitamin B6
脂肪を適切に吸収する効果があります。皮膚炎を予防することから発見されたビタミンで、皮膚のさまざまな障害を予防してくれます。


ビタミンH
 皮膚炎の予防研究のから発見されたビタミンです、脂質やタンパク質の新陳代謝を促す役割を果たしています。アミノ酸代謝や、DNAの成分となる核酸をつくるはたらきもするので、美肌のためには欠かせない成分なのです。不足すると湿疹・脂漏性皮膚炎・白髪になりやすくなります。

ビタミンB2
 皮膚の分泌を調整してお肌の健康を守ります。不足しますと脂性の肌になり、吹き出物やにきびができやすくなります。

| ビタミン | 02:34 PM | comments (0) | trackback (0) |
 ちょと注意
 ビタミンには、水溶性(水に溶ける物)と油溶性(油に溶ける物)があります。水溶性は、すぐに排泄されるので過剰になる心配は、殆どありませんが、規則正しく取る必要があります。油溶性のビタミンをサプリメントなどで補給する時は蓄積されるので過剰摂取に気を付けましょう。
食べ物では、まず過剰になることはありません。

山口県の生活をより楽しむ・・・趣味のページです。カテゴリーはご要望により追加してまいります。
上記 カテゴリーの管理人も募集します。各カテゴリーの方針・考えをLife+で表現していただきます。
詳細はこちらまで


 About Usお問合せプライバシーについて免責事項著作権とリンク|

HOME